ナレッジデザインのホームページ スタッフの紹介ページ
Site Navigation:

Solarisアプリケーションのダウンロード、インストール、簡単な紹介


(1) Solarisアプリケーションのダウンロードとインストール手順です。
  • Emacs
    Emacsは昔から多くのUNIX系の開発者/技術者が愛用している多機能なエディタです。

    ダウンロードサイト: http://dlc.sun.com/osol/companion/downloads/current/pkgs/i386/
    ダウンロードするファイル名:SFWemacs.pkg.bz2
    圧縮を解凍するコマンド:bunzip2 SFWemacs.pkg.bz2
    インストールするコマンド:pkgadd -d SFWemacs.pkg
    起動するコマンド:emacs
    バージョンと作成日の確認コマンド:pkginfo -l -d SFWemacs.pkg SFWemacs
      VERSION: 21.3,REV=2006.08.23.23.58
      PSTAMP: freeware20060824000151

    注1)SFWemacsにはSFWncur,SFWungif,SFWxaw3dが必要です。 これも同じサイトからダウンロードしてインストールしておきます。
    注2)日本語文字コードの場合、UTF-8のcoding-systemは使えないようです。EUCとShift-JISは使えます。
    注3) http://www.sun.com/software/solaris/freeware/にもあるが、こちらは少し作成日が古いようです。
      VERSION: 21.3,REV=2006.03.26.16.24
      PSTAMP: freeware20060326183916

  • GDB
    GDBはGNUプロジェクトで開発されたデバッガです。

    ダウンロードサイト: http://www.sun.com/software/solaris/freeware
    ダウンロードするファイル名:SFWgdb.bz2
    圧縮を解凍するコマンド:bunzip2 SFWgdb.bz2
    インストールするコマンド:pkgadd -d SFWgdb
    起動するコマンド:gdb
    バージョンと作成日の確認コマンド:pkginfo -l -d SFWgdb SFWgdb
      VERSION: 6.2.1,REV=2004.12.22.21.53
      PSTAMP: freeware20041222234910

    注1)上記サイトのものより、3/05版Solaris10 Companion CD/DVDのほうが作成日は新しいですが VERSION番号は同じなので中身は同じと思われます。
      VERSION: 6.2.1,REV=2005.01.05.17.04
      PSTAMP: freeware20050105192039
    注2)OpenSolaris b45にはSUNWgdbがバンドルされています。Solaris10にはバンドルされていないので 上記サイトなどからダウンロードしてインストールします。

  • Bluefish
    Bluefishはタグ入力形式のHTMLエディタです。なかなか使いやすく、デザインもきれいです。

    上記のダウンロードサイトにはないので、3/05版Solaris10 Companion CD/DVDなどからインストールします。
    インストールするコマンド:
    pkgadd -d /cdrom/s10_software_companion/components/i386/Packages SFWblue
    起動するコマンド:bluefish
    バージョンと作成日の確認コマンド:
    pkginfo -l -d /cdrom/s10_software_companion/components/i386/Packages SFWblue
      VERSION: 0.12,REV=2005.01.05.17.04
      PSTAMP: freeware20050105184420

  • enscript
    enscriptはテキストをPostScriptに変換するプログラムです。フォントの指定、用紙の縦横指定などができます。 PostScriptプリンタに印刷する時に使うと便利です。

    ダウンロードサイト: http://dlc.sun.com/osol/companion/downloads/current/pkgs/i386/
    ダウンロードするファイル名:SFWenscr.pkg.bz2
    圧縮を解凍するコマンド:bunzip2 SFWenscr.pkg.bz2
    インストールするコマンド:pkgadd -d SFWenscr.pkg
    起動するコマンド:gdb
    バージョンと作成日の確認コマンド:pkginfo -l -d SFWenscr.pkg SFWenscr
      VERSION: 1.6.1,REV=2006.08.23.23.58
      PSTAMP: freeware20060824000158

  • gthumb
    gthumbで画像の閲覧と写真アルバムの作成ができます。

    gthumbはSolaris10ではOSにバンドルされているSUNWgnome-img-viewerパッケージに 含まれているのでダウンロードする必要なし。
    しかし、OpenSolarisのSUNWgnome-img-viewerに含まれているのはeog(Eye of GNOME) という表示アプリケーションのみで、gthumbは含まれていない。 Solaris10のパッケージをインストールする手はあるが、ライブラリのバージョンが異なり、 面倒なので、ソースコードからコンパイルする方が簡単かも知れない。
(2) OpenSolaris b45にバンドルされているアプリケーションの簡単な紹介です。
  • sound-juicer
    音楽CDを聴くことができます。

    path: /usr/bin/sound-juicer
    package: SUNWgnome-cd
    起動方法:CDを入れると自動的に起動します。手動で起動する場合は以下。
      コマンド:sound-juicer
      メニュー(デスクトップがGNOMEの場合):[All Applications] -> [サウンドとビデオ] -> [CD Ripper]

    注)sound-juicerが起動すると/dev/pg0がない、というエラーメッセージが出て、CDドライブを認識して くれません。この対処についてはsound-juicerと/dev/pg0について を参照して下さい。

  • RealPlayer10
    RealVideoとMP3の再生ができます。

    path: /usr/bin/realplay
    package: SUNWrealplayer
    起動方法:
      コマンド:realplay
      メニュー(デスクトップがGNOMEの場合):[All Applications] -> [サウンドとビデオ] -> [RealPlayer 10]

  • Eye of GNOME
    画像を閲覧することができます。

    path: /usr/bin/eog
    package: SUNWgnome-img-viewer
    起動方法:
      コマンド:eog
      メニュー(デスクトップがGNOMEの場合):[All Applications] -> [グラフィックス] -> [画像ビューワ]

  • gthumb
    画像の閲覧と写真アルバムを作ることができます。

    path: /usr/bin/gthumb
    package: SUNWgnome-img-viewer
    起動方法:
      コマンド:gthumb
      メニュー(デスクトップがGNOMEの場合):[All Applications] -> [グラフィックス] -> [gThumb画像ビューワ]

    注)Solaris10のSUNWgnome-img-viewerにはgthumbが入っているのですが、OpenSolaris b45には 入っていないので、ソースコードからコンパイルするのが良いかも知れない。

(記 2006年 9月 28日)

  有限会社ナレッジデザイン
  住所: 〒182-0024 東京都調布市布田 4-6-1 調布丸善ビル 7F
  Phone: 0424-40-7912, Fax: 0424-40-7913, E-Mail: info@knowd.co.jp