ナレッジデザインのホームページ スタッフの紹介ページ
Site Navigation:

OpenSolaris (20061002リリース x86版)ソースコード単体のコンパイル


OpenSolaris (20061002リリース x86版)のプログラムソースコードを単体でコンパイルする手順です。
手順についてはsource tarball (on-src-DATE.tar.bz2)の中のREADME.opensolarisファイルに、 ソースコード全体のコンパイル手順の後に簡単に書かれていますが、ここではそれに実行例を加えて、 多少具体的に説明します。
  1. まず、一度ソースコード全体をコンパイルしておきます。


    以下の手順で単体のプログラムのコンパイルすると、protoの下のライブラリ、インクルードファイル、コマンド、を 使用するので、一度ソースコード全体のコンパイルを済ませておくとスムーズにできます。
    (opensolaris.shの変数定義を変更すれば、いきなり単体のコンパイルもできるかも知れませんが、 まだ試していません。)

  2. bldenvコマンドを実行して、opensolaris.shの設定に従いプログラム単体コンパイルの実行環境を設定します。
    # cd /export/testws
    # bldenv -d ./opensolaris.sh

  3. viをコンパイルする例です。
    viのソースコードの置かれているディレクトリに移動して、以前のコンパイルの途中経過で生成された ファイルを削除します。
    # cd usr/src/cmd/vi
    # dmake clean

  4. コンパイルします。
    # dmake all
    この結果、コマンド port/exが生成されます。

  5. protoディレクトリの下にインストールします。
    # dmake install
    この結果、ex, viなどのハードリンクが/export/testws/proto/root_i386/usr/binの下に 作成されます。

    注)上記手順により単体でコンパイルした時と、nightlyコマンドで全体をコンパイルした時に生成された viとでは、バイナリのサイズが若干異なっていた。コンパイル時のオプションが異なってしまったのかも 知れない。

(記 2006年 10月 10日)

  有限会社ナレッジデザイン
  住所: 〒182-0024 東京都調布市布田 4-6-1 調布丸善ビル 7F
  Phone: 0424-40-7912, Fax: 0424-40-7913, E-Mail: info@knowd.co.jp