ナレッジデザインのホームページ スタッフの紹介ページ
Site Navigation:

gthumbをソースコードからコンパイルする


OpenSolaris/Solaris10上でgthumbをソースコードからコンパイルする手順です。

* 以下の手順はOpenSolaris b45 x86/x64版で確認したものです。

  1. 以下のサイトからgthumb-2.4.2のソースコードをダウンロードする。
    http://ftp.gnome.org/pub/GNOME/sources/gthumb/2.4/

    ファイルはgthumb-2.4.2.tar.gzとgthumb-2.4.2.tar.bz2と2種類あり、どちらでもOKです。
    以下はgthumb-2.4.2.tar.gzをダウンロードした例です。

  2. /usr/localディレクトリの下で圧縮ファイルを解凍し、展開する。
    # mkdir /usr/local     <- ディレクトリがない場合は作成する。
    # mv gthumb-2.4.2.tar.gz /usr/local
    # cd /usr/local # gunzip -c gthumb-2.4.2.tar.gz | tar xvf -

  3. 一部のヘッダファイルの場所を移動する。(コンパイル時のエラーへの対処)
    # cp /usr/include/libexif/exif* /usr/include

  4. configureスクリプトを実行してMakefileを生成する。
    # cd gthumb-2.4.2
    # ./configure

  5. makeを実行して、ソースコードをコンパイルし、gthumbを作成する。
    # make

  6. make installを実行して、生成されたバイナリを/usr/local以下にコピーする。
    # make install

  7. コマンドだけで実行できるように/usr/binの下にシンボリックリンクを作成する。
    # ln -s /usr/local/bin/gthumb /usr/bin/gthumb
以上の手順を完了後、gthumbコマンドを起動できます。

注)UTF-8以外の言語環境でコンパイル、実行すると、画像をクリックした時に文字列処理のライブラリの中で segmentation faultで落ちてしまいます。
UTF-8の言語環境でコンパイル、実行すると、メニューは英語になりますが(localeの設定がまだ不十分かも)、 正常に動作するようです。

(記 2006年 9月 28日)

  有限会社ナレッジデザイン
  住所: 〒182-0024 東京都調布市布田 4-6-1 調布丸善ビル 7F
  Phone: 0424-40-7912, Fax: 0424-40-7913, E-Mail: info@knowd.co.jp