ナ レッジデザインのホームページ スタッフの紹介ページ
Site Navigation:

Tomcatのインストール

このページは、Java ServletとJavaServer Pagesテクノロジーのリファレンスとして実装された、Servletコンテナとして動作するApache Tomcatのインストール方法をまとめたものです。

私の場合はこの手順でFedora Core 4にインストールして使っています。

apache-tomcat-5.5.12のインストール手順:

1. Apache Tomcatダウンロードサイトから apache-tomcat-5.5.12 をダウンロードします。

注1) バイナリ ディストリビューションにはcore, deployer, embeddedなど、いくつかの種類がありますが、ここではベース ディストリビューションであるcoreをダウンロードします。

注2)ダウンロードするファイル形式はzip, tar.gzなど色々の種類があります。
ここではtar.gzの例を説明します。

2. ダウンロードしたファイル apache-tomcat-5.5.12.tar.gz を解凍、展開します。

# tar zxvf apache-tomcat-5.5.12.tar.gz

この結果、ディレクトリapache-tomcat-5.5.12が作られ、その下にファイルが展開されます。
これでインストールは完了です。

・ Tomcatの環境設定:

Tomcatを起動する場合、環境変数JAVA_HOME,CATALINA_HOME,PATHを次のように設定します。

注)ここではJavaが/usr/java/jdk1.5.0_05ディレクトリに、Tomcatが/usr/local/apache-tomcat-5.5.12ディレクトリにインストールされている例として説明します。

JAVA_HOME=
/usr/java/jdk1.5.0_05
CATALINA_HOME=/usr/local/apache-tomcat-5.5.12

PATH=$JAVA_HOME/bin:$CATALINA_HOME/bin:$PATH
export
JAVA_HOME CATALINA_HOME PATH

上記4行の設定を$HOME/.bash_profileに記述しておくと、ログイン時に自動的に設定されるので便利です。

Tomcatの起動:

Tomcatの起動と停止のコマンドは$CATALINA_HOME/binにあります。起動と停止はそれぞれ次のコマンドで行ないます。

起動 startup.sh
停止 shutdown.sh

Tomcatインストール時のデフォルトの設定は次のようになっています。

ドキュメントルート: $CATALINA_HOME/webapps/ROOT
ポート番号: 8080

Tomcatを起動した後、ブラウザのURLに次のように指定することによりドキュメントルートにアクセスできます。

http://ホスト名:8080

ドキュメントルートには、Tomcatの関連ドキュメントやJSP,Servletのサンプルプログラムが置かれているので参考になります。

(記 2005年11月13日)

有限会社ナレッジデザイン
住所: 〒182-0024 東京都調布市布田 4-6-1 調布丸善ビル 7F
Phone: 0424-40-7912, Fax: 0424-40-7913, E-Mail: info@knowd.co.jp