2007/5/21 月曜日

将棋部例会 - 2007年5月19日 - (その3)

Filed under: 将棋部 -例会-, 中倉彰子女流棋士 — rotake @ 5:48:08

今月の指導棋士中倉彰子女流初段と私の飛車落での対局を載せます。

以下の図面は私が対局後に記憶によりxshogiを使って記録したものを、後で中倉女流が修正してくれた、完全再生版です。

私の引き角から角交換となり、上手からの3九角打ちを防ぐつもりで4八金とした後、私が7五歩、同歩、同銀としたところが図1。

次に6四歩、同歩、4一角打が狙いだったのだが、ここで中倉女流の指した手は?

図1)




答は4六歩。

7五歩と指すと、同歩で上手が1歩持つので3九角打の狙いが生じることを私は読めていなかった。(正直、私には無理。)

しかし、同歩、4七歩打、3八金としてなんとかなりそうと思っていたら、同歩のあと中倉女流の指した手はすぐに3九角打。ここで私は困ってしまい、かなり考えたが途中5七金上とすれば、なんとかなりそうなことがわかった。
そして、3八飛、4七歩打、5七金上。
同金や5八金や4九金では7五の銀を角で取られてしまう。

この後、4八歩成、3九飛、同と、7八玉、2八飛打、6八金、2九と、6四歩、5三銀で図2。

図2)

対局後の中倉女流のアドバイスで 、下手にチャンスがあったというのが、まずこの局面。
ここで皆さんならどう指しますか?

私の指した手は7四銀。そして上手に6四銀と歩を取られてしまった。
(正直なところ、6四歩に対して5三銀とされて、私はちょっと混乱したのである。)
もちろん最初に考えた手は6三歩成だったが、同金、6四歩打としても精算されて拠点がなくなるので良くないと思った。
しかし、同金の時に3四銀取りと6一角打を見て、5ニ角打という手があった。これなら下手が勝ったでしょう、とのこと。私には勝てたかどうかわからないが、かなり有望だったことは間違いない。せっかくの大きなチャンスを逃してしまった。

実際の進行は、 7四銀、6四銀、8三歩打、同桂、同銀、同銀、6五桂打、8五桂打、7三桂成、同金。

ここで私はどう指して良いかわからなくなり、しかたなく8五銀打として図3となったのだが、ここでも7四歩打、同金、5ニ角打とすればまだ勝敗はわからなかったとのこと。

図3)

図3からは、中倉女流に流れるように寄せ切られてしまった。
7三桂成、同銀、7六歩、同銀、7七歩打、同桂、8九銀打、6七玉、7八銀打、同金、同飛成、6四玉、7四桂打で詰み。
なるほど。きれいな手順だ。私の玉のまわりには金銀が4枚もいたのに。。。

中盤の指し方、終盤の寄せ方などとても勉強になり、面白かった。
これでもう少し強くなれそうな気がする。

他の参加者も勝敗は色々だったが、終ったあと皆満足そうで、良かった。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.039 sec. Powered by WordPress ME