2007/3/18 日曜日

将棋部合宿 - 2007年3月10日 (その2) -

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 1:16:08

前回の記事(その1)の続きです。

夕食の後、ホテルの対局室で指した伊藤さんとの対局を載せます。
(恥ずかしながら、またまた自戒の意味を込めて。)

私の先手です。
伊藤さんと指すと、二人とも振飛車党なので、よく相振飛車になる。今回も相振飛車。
まずは図1のようになりました。

図1)ここで先手の私の手番。

私はこの後、8四歩、8二歩打、8五桂、6二銀、9四歩、同歩、9二歩打、同香、9三歩打、同香、同桂成、同桂、と継歩から端を攻めて少し優勢かと思っていたのだが(ただし歩切れ)、なぜか終盤は図2のように先手の私の玉は壁銀、壁金の見本のような形になってしまった。
しかし、いずれにしても一手違いの勝負だと思うが。。

図2は先手の私が6四銀打としたのに対して、後手の伊藤さんが2六歩打と攻めて来たところ。
6四銀打は、その前に6五歩打、6六馬、6四歩、5四角、5三歩成、となった後なのだが、6五歩打より8五桂打と直接的に後手の玉に迫る方が良かったかも。

図2)

この後、同歩、同飛、となった。
ここで私は2七に歩を打つか、香を打つかちょっと迷って 、2七香と打った。
それを見た伊藤さんはうれしそうに、「それって良くないんじゃないですか。」と言う。
(実は500円の掛け将棋。)
もう一度よく見ると、 同飛以下私の玉は即詰み!

打つ駒は歩でなければいけなかった。
もし2七歩とすると、おそらく3六飛、3七香打、となってきわどいが、その後私の玉はかろうじて詰まないように思うのだが。。

ドジだなあ。まあ夕食の時に多少アルコールが入っていたせいもあるかも。
伊藤さんの期待の通りに2七香と打ってしまい、喜ばせてしまった。

コメント (1) »

  1. テストです。
    賭け将棋は、建前上、
    禁止です。

    コメント by mamon — 2007/3/23 金曜日 @ 23:32:06

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.040 sec. Powered by WordPress ME