2008/5/1 木曜日

LPSA主催「けやきカップ」を見学

Filed under: 中倉彰子女流棋士, 女流棋士新法人設立 — rotake @ 10:55:34

3月2日(日)にLPSAが主催する、1日で1回戦から決勝戦までを行う1dayトーナメントの10回目の「けやきカップ」が府中の大國魂神社で開催されました。

私の会社がこの棋戦の協賛会社の1つにになったので、見学に行きました。

その様子を会社の私の写真アルバムに掲載したので、良かったら以下にアクセスして、見てみて下さい。

・写真は、こちら

2007/10/1 月曜日

LPSA主催「わかばカップ」を見学

Filed under: 女流棋士新法人設立 — rotake @ 2:28:30

先日、9月16日(日)にLPSAが主催する、1日で1回戦から決勝戦までを行う1dayトーナメントの4回目の「わかばカップ」が開催されました。

私の会社がこの棋戦の協賛会社になった関係で当日の対局の様子を見学させて頂きました。

その様子を会社の私のブログに掲載したので、良かったら以下にアクセスして、見てみて下さい。

・ブログは、こちら
・写真は、こちら

2007/8/29 水曜日

LPSA 日本女子プロ将棋協会

Filed under: 女流棋士新法人設立 — rotake @ 16:11:54

5月末にLPSA(日本女子プロ将棋協会)が設立されてから、私はよくLPSAのホームページを見ています。

http://joshi-shogi.com/

見るたびに新しい企画がアップされていてとても楽しく、元気が出て来ます。

次のホームページ/ブログもLPSAにも関連した内容が載っているのでよく見ています。更新の頻度が高く、楽しい内容でお薦めです。

http://www.positive-girls.net/

http://blog.goo.ne.jp/typhoongirl

http://mtmt-blog.com/

ところで先日7月28日、LPSA主催の公認棋戦「日レスインビテーションカップ」の1回戦が開催されました。その時初めてリアルタイムに配信される棋戦のネット観戦をしてみて、非常に面白く、また将棋の勉強にもなることを知りました。

LPSAでは棋譜は「Kifu for Java」というJavaアプレットで配信し、棋戦の様子はWebカメラで撮った写真を一定間隔で更新しているようです。
この2つがうまくミックスして、非常に臨場感があります。うまいやり方だと思って感心しました。
(日レスインビテーションカップでは、操作者がスイッチを切り忘れたのか、棋戦が終わった後もWebカメラがずっと写真を送り続けていて、それがちょっと可笑しかった。)

参考:
私は通常はPCにはLinux かSolaris10をインストールして使っているのですが、LinuxではJavaアプリケーション/アプレットの日本語が文字化けしてしまうことが多いようです。
したがって「Kifu for Java」も日本語は文字化け。

これはSunのJDKの中のフォント構成ファイルfontconfigがLinuxにインストールされている物理フォントに対応していないために起こる現象で、対応策としては、1)対応するフォントをインストールする、2)フォント構成ファイルを正しく編集する、3)fallbackディレクトリを設定して実際にインストールされている代替フォントを検索するようにする、と3通りほどあると思われますが、手順としては3) が一番簡単そうで、私はこの方法で対処しました。
(MS Windows やSolaris10, OpenSolarisでは文字化けはせず、大丈夫です。)

以下、私の実行した手順です。
(私の環境は、Fedora Core 6 + jdk1.5.0_11です。現時点での最新版はFedora core 7、jdk1.5.0_12 ですが、同じ手順でOKのはずです。)

jdk-1_5_0_11-nb-5_5-linux-ml.bin を実行してインストールした場合のデフォルトのディレクトリは/optになるので、以下はその場合の例です。

実行例)
# cd /opt/jdk1.5.0_11/jre/lib/fonts
# mkdir fallback
# cd fallback
# ls /usr/share/fonts/japanese/TrueType
fonts.alias fonts.dir fonts.scale sazanami-gothic.ttf
sazanami-mincho.ttf
# ln -s /usr/share/fonts/japanese/TrueType/sazanami-gothic.ttf
# ln -s /usr/share/fonts/japanese/TrueType/sazanami-mincho.ttf

以上で文字化け解消。

参考URL:
http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/docs/ja/guide/intl/fontconfig.html

2007/5/21 月曜日

将棋部例会 - 2007年5月19日 - (その1)

最近、日本将棋連盟に所属する女流棋士のうち十数名が、別の法人組織として独立することになったようだ。
女流棋士新法人設立準備委員会ブログに掲載された2月20日付けの「声明」に独立の意図と経緯がわかりややすく書かれている。

http://blog.goo.ne.jp/joryu-houjin/2

その中の、

「 自分達のことは自分達で決めたいと切に願っているのです。」

という一節は独立の動機、目的をよく表しているように思う。

しかし、女流棋士全員で独立する予定だったのが、色々事情はあるのだろうが、残留する棋士と独立する棋士に分かれてしまったようだ。
こういうケースでは計画が頓挫してしまうのが普通だと思うが、十数名の棋士が予定通りに独立するとのこと。
上記のブログの、4月2日付けの「新法人設立に向けて」と題された記事には次のように書かれている。

「このような状況においても、私たちの初心は決して揺らぐことはなく、この度、志を同じくする仲間と共に初心を貫き通す意志を固めました。」

将来的に未知の世界に、十数名もの人数が一緒に踏み出すというのは大したことだと思う。そしていつかきっと、残留している女流棋士も一緒に加わる時が来るのではないかと思う。
私は女流棋士の独立は良いことであり、正しい行動だと思うし、インターネットを検索しても、多くの人たちが同じように考えているようだ。

このような状況で、 私がOBとして参加している将棋部でも今月の例会で独立する女流棋士に指導をお願いしようということになり、中倉彰子女流初段に来て頂くことになったようだ。

次のページ »

HTML convert time: 0.396 sec. Powered by WordPress ME