2009/10/20 火曜日

2009年10月18日 例会

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 6:48:23

約1年半振りの将棋ブログ更新です。指導棋士は村中秀史六段でした。

(この記事の最後に例会の様子を撮った写真も掲載してあります。)

初めて女性メンバーの参加があり、村中プロの指導対局も素晴らしく、久々にブログを更新する気になりました。
私は2枚落ちの指導対局1局、将棋部メンバーとの平手の対局を3局、合計4局も指しました。
それぞれの将棋の、中盤から終盤のポイントとなった局面を以下に掲載します。
いずれの局面も次は私の手番で、いずれも私が優勢の局面と思われます。
そのうち最終的に私が勝てたのは。。

「棋譜はこちら」のリンクをクリックすると、Javaアプレットで棋譜を見ることができます。

(指導対局ではここに掲載した局面の前にも、村中プロの指した印象的な手があり、また改めて追加掲載したいと思います。)

1. 村中プロの指導対局(2枚落ち)

* 棋譜はこちら

2. 平手1局目

* 棋譜はこちら

3. 平手2局目

* 棋譜はこちら

4. 平手3局目

* 棋譜はこちら

- 例会の様子 -

* 写真をクリックすると大きくなります。




2008/5/8 木曜日

S君の例会フォト(指導棋士:島井咲緒里初段、2007年12月)

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 4:07:32

遅くなりました。
2007年12月、S君が撮った例会での島井咲緒里初段の指導風景です。
私が撮った写真より、随分と良く撮れていると思います。)

* 写真をクリックすると大きくなります。

2008/2/15 金曜日

将棋部例会 - 2007年8月から2008年1月までの例会/職団戦の様子をまとめて

Filed under: 将棋部 -例会-, 将棋部 -職団戦- — rotake @ 1:36:12

例会や職団戦の写真を半年分もためてしまった。まとめてアップします。


2008年1月19日例会

指導棋士は鈴木環那初段でした。 例会の写真はこちら。


2007年12月15日例会

指導棋士は島井咲緒里初段でした。 例会の写真はこちら。


2007年11月24日例会

指導棋士は中倉宏美初段でした。 例会の写真はこちら。


2007年10月20日例会

指導棋士は上野裕和五段でした。

上野裕和五段と後藤さんの指導将棋の棋譜(Javaアプレット)はこちら。
後藤さんと私の対局棋譜(Javaアプレット)はこちら。

*2局とも後藤さんの勝ち。
*記憶が薄れてしまったため、棋譜はいずれも途中までです。


2007年10月8日職団戦

千駄ヶ谷の東京体育館で行われた職団戦の写真はこちら。
一軍、二軍とも2連敗。午前中で終了。

LPSAの中倉彰子初段や企画の出原さんが知り合いのチームの応援にいらしていて、軽くご挨拶。


2007年9月15日例会

指導棋士は上野裕和五段でした。 例会の写真はこちら。


2007年8月18日例会

指導棋士は北尾まどか初段でした。 例会の写真はこちら。


2007/10/1 月曜日

将棋部例会 - 2007年8月18日、9月15日 -

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 2:12:32

8月と9月の例会記事はまだなのですが、後日更新します。

8月18日例会: 指導棋士は北尾まどか女流初段でした。

9月15日例会: 指導棋士は上野裕和五段でした。

* いずれこのブログは現在のwordpressからdrupalに移行するかも知れません。

wordpressには特有の便利な機能もあるのですが、drupalの方が高機能で使いやすいように思います。写真イメージの扱いも簡単になりそうです。

2007/8/29 水曜日

将棋部例会 - 2007年7月21日 - (その2)

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 2:49:53

今回はNさんのつながりで、コンピュータ将棋「うさぴょん」の作者である池泰弘さんの特別参加がありました。

最初Nさんから池さんの参加の話を聞いた時、私はコンピュータ将棋にはかなり興味があったので、過去にコンピュータ将棋選手権で実績をあげているうさぴょん(私も既に名前は知っていた)の作者に会えるということで、とても楽しみにしていました。

例会幹事のIさんにその話をしたら、うさぴょんて何?、なんかの動物を連れて来るの?と言われました。例会の後の食事会の時に、うさぴょんの名前の由来を尋ねたら、池さんの奥様が命名したとのことでした。なるほど。確かに、男ではこんな可愛らしい名前は思いつかないでしょう。

(私は30年くらい前にシャープが初めて一般の個人向けに出したMZ80KというPCでBasicで将棋プログラムを、10数年前には SunWorkstation上でSunViewで囲碁のネットワーク対局プログラムを、ほんの遊びで自分で作ったりしていました。その時のBasicの将棋プログラムは3手先を読むのに20分くらかかってしまい、実質使えなかったのですが。自分が書いたプログラム -すごく初歩的なものでしたが- と対局しているのに、まるでコンピュータの中に人間が入っているような気がしてなかなか面白かった。)

池さんご自身は将棋を指すのは久々とのことで、指している雰囲気はなかなか強そうな感じがしたのですが、後で聞いたら中倉彰子女流に6枚落ちで負けたとのこと、ちょっと意外でした。
うさぴょんの方がはるかに強い。
強いコンピュータ将棋を作るには、将棋の強さはほとんど関係なくて、純粋にプログラミング技術の問題なのでしょう。
池さんはあるプロ棋士の将棋の指し方について書かれた本の内容を、そのまま忠実にプログラムにしているとのこと。他にも、どの局面になったら評価するかとか、何手先まで読むのかとか、わかりやすく説明してくれて、とても興味深かった。

(例会には元ゲームプログラマーで今はカーネルハッカーのS君も初めて参加してくれましたが、S君にもぜひ将棋プログラムに挑戦して欲しいものです。S君はほとんど駒の動かし方しか知らないようなのですが、でも1局指して駒落ちとはいえ勝っていたのには驚きました。)

池さんはわざわざ、うさぴょんを入れたノートPCを持ってきてくれて、動かしながら説明してくれました。うさぴょんの話をする時の池さんは本当に無邪気で楽しそうで、私は池さんをとてもうらやましく感じました。

池さんはうさぴょんのバイナリの他にも、コンピュータ将棋の教材として「れさぴょん」という将棋プログラムのソースコードを公開したり、「コンピュータ将棋のアルゴリズム(I・O BOOKS)」、「Java将棋のアルゴリズム(I・O BOOKS)」と、本も2冊書かれています。

参考:
以下のサイトからうさぴょんのバイナリや、れさぴょんのソースがダウンロードできます。

[ うさぴょん usapyon ]
http://homepage1.nifty.com/Ike/usapyon/

[ れさぴょん lesserpyon ]
http://homepage1.nifty.com/Ike/lesserpyon/

以下に池さんの将棋ソフトについての考え方が、わかりやすい文章で書かれています。

http://homepage1.nifty.com/Ike/usapyon/20030806.html

以下、池さんの将棋プログラムと囲碁プログラムの開発日記の掲載されたサイトです。

[「うさぴょん」「ねこにゃ」開発日記 ]
http://usapyon.cocolog-nifty.com/

2007/8/5 日曜日

将棋部例会 - 2007年7月21日 - (その1)

Filed under: 将棋部 -例会-, 中倉彰子女流棋士 — rotake @ 22:54:45

7月の指導棋士は前回5月に続き、新法人LPSA(日本女子プロ将棋協会)所属の中倉彰子女流初段でした。(6月の例会は無し。)

中倉彰子女流棋士

例会は午後1時開始(プロ棋士による指導対局は午後2時から)なのだが、私がいつも多少遅れて行っても、1人来ているかどうか、まだ誰も来ていないことが多い。しかし今回は既に10人程が来ていた。最終的な出席者は13人と、盛況だった。

指導時間は5時までなのだが、最後の2人(そのうちの1人は私)の始まりが遅かったため、時間を大幅に過ぎてしまった。中倉さんはこの後、翌日のイベントに出席のため新潟まで移動しなければならないとのことだったが、終局の後の検討&アドバイスも時間をとって丁寧にして頂いた。

今回はNさんのつながりで将棋プログラム/思考ルーチン「うさぴょん」の作者である池さんや、Hさんの友人の強豪の参加があり、活気がある例会だった。

ただ、ひとが多くてPC を使うスペースがなく、棋譜をとることができなかった。

Solaris/Linuxのカーネルハッカーとして知られているS君に、今回は写真家?として参加してもらった。
ここに掲載した7枚のうち4枚がS君、2枚が私が撮った写真です。

指導対局&例会風景

2007/5/21 月曜日

将棋部例会 - 2007年5月19日 - (その3)

Filed under: 将棋部 -例会-, 中倉彰子女流棋士 — rotake @ 5:48:08

今月の指導棋士中倉彰子女流初段と私の飛車落での対局を載せます。

以下の図面は私が対局後に記憶によりxshogiを使って記録したものを、後で中倉女流が修正してくれた、完全再生版です。

私の引き角から角交換となり、上手からの3九角打ちを防ぐつもりで4八金とした後、私が7五歩、同歩、同銀としたところが図1。

次に6四歩、同歩、4一角打が狙いだったのだが、ここで中倉女流の指した手は?

図1)




答は4六歩。

7五歩と指すと、同歩で上手が1歩持つので3九角打の狙いが生じることを私は読めていなかった。(正直、私には無理。)

しかし、同歩、4七歩打、3八金としてなんとかなりそうと思っていたら、同歩のあと中倉女流の指した手はすぐに3九角打。ここで私は困ってしまい、かなり考えたが途中5七金上とすれば、なんとかなりそうなことがわかった。
そして、3八飛、4七歩打、5七金上。
同金や5八金や4九金では7五の銀を角で取られてしまう。

この後、4八歩成、3九飛、同と、7八玉、2八飛打、6八金、2九と、6四歩、5三銀で図2。

図2)

対局後の中倉女流のアドバイスで 、下手にチャンスがあったというのが、まずこの局面。
ここで皆さんならどう指しますか?

私の指した手は7四銀。そして上手に6四銀と歩を取られてしまった。
(正直なところ、6四歩に対して5三銀とされて、私はちょっと混乱したのである。)
もちろん最初に考えた手は6三歩成だったが、同金、6四歩打としても精算されて拠点がなくなるので良くないと思った。
しかし、同金の時に3四銀取りと6一角打を見て、5ニ角打という手があった。これなら下手が勝ったでしょう、とのこと。私には勝てたかどうかわからないが、かなり有望だったことは間違いない。せっかくの大きなチャンスを逃してしまった。

実際の進行は、 7四銀、6四銀、8三歩打、同桂、同銀、同銀、6五桂打、8五桂打、7三桂成、同金。

ここで私はどう指して良いかわからなくなり、しかたなく8五銀打として図3となったのだが、ここでも7四歩打、同金、5ニ角打とすればまだ勝敗はわからなかったとのこと。

図3)

図3からは、中倉女流に流れるように寄せ切られてしまった。
7三桂成、同銀、7六歩、同銀、7七歩打、同桂、8九銀打、6七玉、7八銀打、同金、同飛成、6四玉、7四桂打で詰み。
なるほど。きれいな手順だ。私の玉のまわりには金銀が4枚もいたのに。。。

中盤の指し方、終盤の寄せ方などとても勉強になり、面白かった。
これでもう少し強くなれそうな気がする。

他の参加者も勝敗は色々だったが、終ったあと皆満足そうで、良かった。

将棋部例会 - 2007年5月19日 - (その2)

Filed under: 将棋部 -例会-, 中倉彰子女流棋士 — rotake @ 4:26:56

前回の記事(その1)に書いた経緯により、今月の指導棋士は中倉彰子女流初段でした。

中倉彰子女流棋士

3面指しでの対局でした。中倉女流の対局時の姿勢がとてもきれいで印象的でした。

対局後、丁寧に勝負のポイントを教えてくれて、また指し手についての様々な質問にもひとつひとつ親切に答えてくれて、参加メンバーは皆とても楽しかったようです。

以下に指導対局の様子を撮った写真を載せます。

写真をクリックすると大きくなります。

将棋部例会 - 2007年5月19日 - (その1)

最近、日本将棋連盟に所属する女流棋士のうち十数名が、別の法人組織として独立することになったようだ。
女流棋士新法人設立準備委員会ブログに掲載された2月20日付けの「声明」に独立の意図と経緯がわかりややすく書かれている。

http://blog.goo.ne.jp/joryu-houjin/2

その中の、

「 自分達のことは自分達で決めたいと切に願っているのです。」

という一節は独立の動機、目的をよく表しているように思う。

しかし、女流棋士全員で独立する予定だったのが、色々事情はあるのだろうが、残留する棋士と独立する棋士に分かれてしまったようだ。
こういうケースでは計画が頓挫してしまうのが普通だと思うが、十数名の棋士が予定通りに独立するとのこと。
上記のブログの、4月2日付けの「新法人設立に向けて」と題された記事には次のように書かれている。

「このような状況においても、私たちの初心は決して揺らぐことはなく、この度、志を同じくする仲間と共に初心を貫き通す意志を固めました。」

将来的に未知の世界に、十数名もの人数が一緒に踏み出すというのは大したことだと思う。そしていつかきっと、残留している女流棋士も一緒に加わる時が来るのではないかと思う。
私は女流棋士の独立は良いことであり、正しい行動だと思うし、インターネットを検索しても、多くの人たちが同じように考えているようだ。

このような状況で、 私がOBとして参加している将棋部でも今月の例会で独立する女流棋士に指導をお願いしようということになり、中倉彰子女流初段に来て頂くことになったようだ。

2007/3/18 日曜日

将棋部合宿 - 2007年3月10日 (その2) -

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 1:16:08

前回の記事(その1)の続きです。

夕食の後、ホテルの対局室で指した伊藤さんとの対局を載せます。
(恥ずかしながら、またまた自戒の意味を込めて。)

私の先手です。
伊藤さんと指すと、二人とも振飛車党なので、よく相振飛車になる。今回も相振飛車。
まずは図1のようになりました。

図1)ここで先手の私の手番。

私はこの後、8四歩、8二歩打、8五桂、6二銀、9四歩、同歩、9二歩打、同香、9三歩打、同香、同桂成、同桂、と継歩から端を攻めて少し優勢かと思っていたのだが(ただし歩切れ)、なぜか終盤は図2のように先手の私の玉は壁銀、壁金の見本のような形になってしまった。
しかし、いずれにしても一手違いの勝負だと思うが。。

図2は先手の私が6四銀打としたのに対して、後手の伊藤さんが2六歩打と攻めて来たところ。
6四銀打は、その前に6五歩打、6六馬、6四歩、5四角、5三歩成、となった後なのだが、6五歩打より8五桂打と直接的に後手の玉に迫る方が良かったかも。

図2)

この後、同歩、同飛、となった。
ここで私は2七に歩を打つか、香を打つかちょっと迷って 、2七香と打った。
それを見た伊藤さんはうれしそうに、「それって良くないんじゃないですか。」と言う。
(実は500円の掛け将棋。)
もう一度よく見ると、 同飛以下私の玉は即詰み!

打つ駒は歩でなければいけなかった。
もし2七歩とすると、おそらく3六飛、3七香打、となってきわどいが、その後私の玉はかろうじて詰まないように思うのだが。。

ドジだなあ。まあ夕食の時に多少アルコールが入っていたせいもあるかも。
伊藤さんの期待の通りに2七香と打ってしまい、喜ばせてしまった。

2007/3/15 木曜日

将棋部合宿 - 2007年3月10日 (その1) -

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 1:27:20

静岡県伊東にあるホテル伊藤園で合宿があり、OBとして参加しました。
その時の写真です。

ホテルの専用対局室にて

初日、私は早めにホテルに着いたので、裏を流れている川(大川) に沿って、海(相模灘/伊東港)まで散歩してみました。その時に撮った写真と、翌日東京まで帰る時に乗った「スーパービュー踊り子」の写真です。

* 写真をクリックすると大きくなります。

2007/3/8 木曜日

将棋部例会 - 2007年3月3日 (その2)-

Filed under: 将棋部 -例会- — rotake @ 23:51:00

前回の記事(その1)の続きです。

上野四段との記念写真、指導対局の写真、その後に幹事の伊藤さんとの角落ちでの指導対局の様子を載せます。

上野四段との記念写真

上野四段の指導対局の様子(2)

今回は”xshogi on OpenSolaris”で伊藤さんの角落ち対局の棋譜を取った。

(そして、その途中でまたまた失敗してしまった。私はかなりの近眼でしかも眼鏡はかけないため、中盤にさしかかったところで上野プロの指した駒を見間違えてしまい、それに気付かずにほとんど終盤まで進んでしまい、そこでやっと気付いたのだが駒の配置が違うので、xshogiが不正な着手と判断して動かないため、記録を続けられなくなってしまった。しかし私の記憶と、気が付いた後のメモを頼りに、なんとかほぼ再現できたと思う。
この日の後、さすがに私もおおいに反省して、xshogiの使い方と仕組みを、C言語で書かれたソースコードを見て調べ、たとえ操作ミスをしてもそれを回復できるようになったと思う。今後は多分大丈夫のはず。)

まずは図1の局面まで進み、

図1)下手が6九->7八玉と上がり、上手が6四->5三銀と引いたところ

そして図2の局面まで進み、

図2)上手が7五歩と打ったところ

そして終盤、図3の局面まで進んだところです。
ここで上野プロの指した手は?

図3)


答は、2七歩打。

この後は、同飛、3五桂打、2五飛、4四金、4八歩打、2三歩打、同歩、同銀、6五桂打、3四銀、2九飛、2八歩打、同飛、2七歩打、2九飛、2三飛、7四馬、2八歩成、1五桂打、2五飛、1六金打、2九歩成、2五金、同銀、5三桂成 => 図4。

局後、伊藤さんは上手の飛車に2三に回られたのを悔やんでいた。その前に飛車を取り合う方が良かったようだ。飛車を回られた為に1五金と、金を一枚余分に使うことになってしまった。
(しかし、飛車を2三に回られた後、桂と金を打って飛車を取り合ったのは、伊藤さんの強さかも。)

さて、ここで上手の手番ですが、上野プロの指した手は?

図4)


答は、4七金打。

この後、同歩、同歩成。
ここで銀で成歩を取りたくなるが、それだと下手の玉は詰んでしまう。
伊藤さんはそれをしっかり読んでいて、同金と取った。

その後、同桂成、同銀、4六金打、同銀、同銀、同玉、4五歩打 => 図5

図5)

ここで伊藤さんは4七玉と逃げて、詰んでしまった。5七玉でも詰み。
上野プロによると、5六玉と桂を取ると難しかったとのこと。

伊藤さんの特徴はいつも正確な終盤の読みだと私は思っていたが、惜しくも最後で誤ってしまった。
プロを相手の長手数の将棋で、最後は少し疲れてしまったのかも知れない。

次のページ »

HTML convert time: 0.700 sec. Powered by WordPress ME