(盤面は先後反転)

ブログページに掲載の97手目31銀のあと、同龍、同銀、32金、と進んだのだが、これはあまり良い手では
なかったかも知れない。その後、22銀打とされると、私の勝勢に変わりはないがまだ長引いたと思われる。

98手目の最善手はおそらく33金で、これでほとんど受けなし。
 同銀左なら、12龍。
 同銀右なら、22金、同玉、42飛車成り。
 同桂なら、21金、同玉、32金。

素直な相手のY君は、私の注文通りに同銀と取ったので、22金以下即詰みとなった。

(各手の変化は、Javaアプレットの左下のメニューにマウスポインタを置いてマウスの左ボタンを押すと選択できます。)

ブログページに戻る

(10/23/2009)