MeeGoとQtのセミナーに参加してきました(3)

前回のブログ記事に続き、MeeGo Seminar Winter 2010(12月9日 東京ミッドタウン)での技術セッションを基にMeeGo プロジェクト、MeeGoアーキテクチャについて、それとQt Conference-Tokyo 2010(12月10日秋葉原 UDX ギャラリー)での技術セッションを基にQt Quickについてまとめようと、MeeGoのPolicy Frameworkについて思い出しつつ調べていたところ、今アクセスしてみたらMeeGoセミナーのプレゼン資料がアップされていました。

http://www.linuxfoundation.jp/meego/winter-2010/program.html

----------------------------------------------------
基調講演
MeeGoコミュニティおよび新規ビジネスの状況
講演者:ジム・ゼムリン氏
(The Linux Foundation エグゼクティブ・ディレクター)
 プレゼンのPDF => http://www.linuxfoundation.jp/jp_uploads/MeeGo201012/slide/G-1.pdf
----------------------------------------------------
* プレゼンのPDFだけで、MeeGoのキャラクターを使ったMeeGoコンセプトについての動画と、ジム・ゼムリン氏のスピーチの動画はアップされていない。この2つがとても良かったのに残念。
* 3人のパネルディスカッションについては、女性と男性の通訳による交代しながらの同時通訳が神業のように凄いと思ったこと以外、内容は思い出せない。。
 パネリストの1人のクリフ・ミラー氏、どこかで記憶があると思ったら、TurboLinuxの創業者で元CEOだった。

----------------------------------------------------
技術セッション A-1
Core OSプログラム – 1.2における新規追加機能について
講演者:菅野 信氏
(ノキア コーポレーション)
 プレゼンのPDF => http://www.linuxfoundation.jp/jp_uploads/MeeGo201012/slide/A-1.pdf
----------------------------------------------------
技術セッション A-2
MeeGo Application開発
講演者:尹 栄植(ユン ヨンシク)氏
(インテル株式会社)
 プレゼンのPDF => http://www.linuxfoundation.jp/jp_uploads/MeeGo201012/slide/A-2.pdf
----------------------------------------------------
* 私には技術セッションA-1とA-2が非常に有益と感じたのですが、そのプレゼンのPDFがアップされています。特に、A-2のプレゼン資料については、chroot + Xephyr、MeeGo Touch Framework、QT Quick、D-Bus、サンプルアプリの作成など、興味深いトピックが色々入っているので、時間を見つけて実際に試してみたいと思います。

2日目のQt Conference - Tokyo 2010の方は、まだプレゼン資料はアップされていないようですが、仕事が溜まって来たこともあり、自分でまとめるのは止めにして資料のアップを待つことにします。私としては、ノキアの2人の技術者によるQt Quickのプレゼン資料が楽しみです。