CentOS Project shifts focus to CentOS Stream:CentOS 8 からStream 8 への移行手順

(前回からの続き)

CentOS 8 からStream 8 への移行手順はcentos.orgのサイトに掲載されています。

https://www.centos.org/centos-stream/

1) root@centos-linux# dnf install centos-release-stream
2) root@centos-linux# dnf swap centos-{linux,stream}-repos
3) root@centos-linux# dnf distro-sync
4) root@centos-stream# cat /etc/centos-release
CentOS Stream release 8

以下はCentOS 8.2 (2020年6月15日リリース)をStream 8の最新リリース(2020年12月11日)に移行した例です。

1) centos-release-streamパッケージをインストール

[root@centos82 ~]# cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 8.2.2004 (Core) 
[root@centos82 ~]# dnf install centos-release-stream

[root@centos82 ~]# ls /etc/yum.repos.d/
CentOS-AppStream.repo  CentOS-Extras.repo      CentOS-Stream-AppStream.repo  CentOS-Stream-PowerTools.repo  CentOS-centosplus.repo
CentOS-Base.repo       CentOS-HA.repo          CentOS-Stream-Base.repo       CentOS-Stream-Sources.repo     CentOS-fasttrack.repo
CentOS-CR.repo         CentOS-Media.repo       CentOS-Stream-Debuginfo.repo  CentOS-Stream-Vault.repo
CentOS-Debuginfo.repo  CentOS-PowerTools.repo  CentOS-Stream-Extras.repo     CentOS-Stream-centosplus.repo
CentOS-Devel.repo      CentOS-Sources.repo     CentOS-Stream-Media.repo      CentOS-Vault.repo

/etc/yum.repos.dの下に、CentOS 8 リポジトリファイルに加えて、centos-release-streamパッケージからStream 8のリポジトリファイルCentOS-Stream-xx.repoがインストールされました。

2) リポジトリをCentOS 8用からStream 8用に変更

[root@centos82 ~]# dnf swap centos-{linux,stream}-repos
(「dnf swap centos-linux-repos centos-stream-repos 」としても同じ)
[root@centos82 ~]# cd /etc/yum.repos.d
[root@centos82 yum.repos.d]# ls
CentOS-Stream-AppStream.repo  CentOS-Stream-Extras.repo            CentOS-Stream-PowerTools.repo
CentOS-Stream-BaseOS.repo     CentOS-Stream-HighAvailability.repo  CentOS-Stream-RealTime.repo
CentOS-Stream-Debuginfo.repo  CentOS-Stream-Media.repo

[root@centos82 yum.repos.d]# cat CentOS-Stream-BaseOS.repo  (以下、抜粋表示)
[baseos]
name=CentOS Stream $releasever - BaseOS
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$stream&arch=$basearch&repo=BaseOS&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/$contentdir/$stream/BaseOS/$basearch/os/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-centosofficial

[root@centos82 yum.repos.d]# curl -s 'http://mirrorlist.centos.org/?release=8-stream&arch=x86_64&repo=BaseOS&infra=stock' |grep riken
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/8-stream/BaseOS/x86_64/os/

CentOS 8用のリポジトリファイルは削除され、Stream 8用のファイルだけになります。

Stream 8 リポジトリファイルの中で使用されている変数の値は以下のようになります。

$releasever : 8
$stream : 8-stream
$basearch: x86_64
$infra : stock
$contentdir : centos

mirrorlistにアクセスするとミラーの候補の一覧が返され、その中から応答の速いサイトが自動的に選択されます。
( この仕組みはCentOSもStreamも同じです )
理研のミラーにアクセスする場合は http://ftp.riken.jp/Linux/centos/8-stream/BaseOS/x86_64/os/ となります。
ミラーサイトでは最新のStreamリリース(2021年1月15日時点では、20201211のリリース)が掲載されています。

3) インストールされているCentOS 8.2パッケージについて、Stream 8リポジトリを参照してアップグレード(upgrade)

[root@centos82 ~]# dnf distro-sync
(以下、いくつかの重要なパッケージについてバージョンを確認)
[root@centos82 yum.repos.d]# rpm -q kernel
kernel-4.18.0-193.el8.x86_64
kernel-4.18.0-259.el8.x86_64       ←追加
[root@centos82 yum.repos.d]# rpm -q systemd
systemd-239-43.el8.x86_64       ←( 239-29  ⇒ 239-43 )
[root@centos82 yum.repos.d]# rpm -q NetworkManager
NetworkManager-1.30.0-0.4.el8.x86_64       ←( 1.22.8-4  ⇒ 1.30.0-0.4)
[root@centos82 yum.repos.d]# rpm -q dnf
dnf-4.4.2-2.el8.noarch         ←(4.2.17-6  ⇒ 4.4.2-2)
[root@centos82 yum.repos.d]# cat /etc/centos-release 
CentOS Stream release 8
以上で移行手順は完了です。 ⇒【次回に続く】